空を見上げる女性

脱毛の勧誘はこう乗り切る

脱毛サロンに勧誘はあるものと考える

脱毛サロンにキャンペーンなどを利用して行くと、勧誘されるのが嫌だという口コミをたくさん見ます。以前に比べると勧誘のしつこさも落ち着きましたが、まだまだ勧誘をしてくる脱毛サロンはたくさんあります。「勧誘」と聞くとネガティブなイメージを持ちますが、つまりは「営業」です。どこの脱毛サロンもまずはキャンペーンで安く施術してあげるから、別のプランも検討してほしいという営業をユーザーに対して行っているだけなのです。

これを規制することはできませんから、初めから勧誘はあるものと考えて脱毛サロンに行くことをお勧めします。それでも安く脱毛できるならいい!ぐらいに楽観的に考えておきましょう。

話はしっかりと聞く

自分が別のプランを契約する意思が無い場合も、相手の話はしっかりと聞くように心がけましょう。適当な態度や自分が乗り気であるかのような態度を示すと、スタッフの勧誘は止まらなくなります。いつまでも話し続けられても困りますから、まずは相槌をしっかりして相手の話を聞いてみましょう。

いくつか質問形式のやり取りが始まる場合があります。そのような状況では、現時点では全く契約の意思が無いことを伝えましょう。人間の心理として、自分が回答したことには責任を持たなくてはいけないという思い込みがありますから、いくつか質疑応答を繰り返していると別のプランの説明が始まってしまう可能性があります。タイミングが重要ですので、状況によって判断してください。

スタッフの顔を見て検討することを伝えよう

最後に最も重要なことは、きちんとスタッフの顔を見て意思を伝えることです。下を見ながら曖昧な態度を見せていると、押し切れば契約してもらえる?と思われてしまう可能性がありますので、自分が意思表示をはっきりできる人間だとということを示してください。少し声を大きめにして話してみるのも効果的です。

表情から契約の意思が無いことが分かれば、スタッフもすぐにあきらめてくれると思います。最近はそこまで悪意を持った勧誘はありませんので、もっと気楽に行っても大丈夫だとは思いますが、念のため心にとめておきましょう。また、あまり悲観的にならずに脱毛を検討してみることも大事です。脇脱毛自体はキャンペーンで一度無料になっても、何度か通わなければ効果はありません。もし続けていいと思ったら、お金を出して続きをやってもらってはどうでしょうか。